HOME > 製品詳細
/ 詳細の閲覧
[書籍 > その他]
<<戻る
ご購入は、このボタンで
  
お問合わせは、このボタンで
セントラルキッチンの計画と運用(価格=\3,240) (ID=13)

■監修:定司哲夫 日本給食経営管理学会 顧問 (螢奸璽鼻Ε泪優献瓮鵐噺Φ羹蝓‖緝充萃役所長)          
編著者:吉田雄次 一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会 代表理事
   ((有)みやぎ保健企画 取締役 セントラルキッチン事業部 統括責任者)
    右田俊幸 日本フードコーディネーター協会 副会長
     (スリーライン蝓 ̄超罰発部長)
●B5判 200頁 定価3150円(本体¥3000円)〒340円 

■発刊の主旨
医療・福祉法人の給食経営は、高齢社会に直面して、抜本的な変革が模索されています。慢性疾患等を抱える患者の方が、医療費の抑制の中で、病院から地域施設へ、そして在宅へと滞在環境が移ってきています。そうした方々への適切な食事の提供をどうするか、大きな問題です。こうしたことに対処するため、その病院食の経験をもつ医療・介護法人がそうしたニーズに応える院外調理施設の一形態としてのセントラルキッチンの設立に大きな期待と関心が寄せられています。
本書は、手探りながらもそうした関心に形と方向を示すために、少ない経験を一般化したものです。
これからの新しい動きに対して、本書がその指針となることを期待してやみません。